2018年03月11日

インピンジメント

インピンジメントとは肩の痛みの総称ですが

肩にはローテーターカフと言う4つの肩の関節をホールドする

インナーマッスルがあります。



野球肩、水泳肩、50肩などを改善するには

ローテーターカフを鍛える必要があります。



今日はそんな肩のインナーマッスルトレーニングの紹介です。



はじめにセラバンド(柔らかいチューブゴム)を用意します。



先ずローテーターカフ1つ目の「棘上筋(きょくじょうきん)」のトレーニング。

179C91ED-42F9-41E5-B852-928103A016FE.jpeg

肩の上部の深層部にある赤いラインの筋肉。

2BFA3AD2-F75F-42F5-9398-106C5269C209.jpeg

サイドレイズ

肩が挙がらないように30度くらいの目安で上下します。

20〜30回



次にローテーターカフ2つ目と3つ目の

「棘下筋(きょっかきん)」「小円筋(しょうえんきん)」のトレーニング。

577BEEF7-F1A8-4773-BAA4-25AB02DAD047.jpeg

赤い丸のなかの目玉みたいな筋肉が「棘下筋」

8234817E-4F47-47DE-9E3B-118098E9E51E.jpeg

矢印の筋肉(大円筋)の上にある筋肉が「小円筋」

CE0966C6-51E8-4933-87F2-50817137F633.jpeg

エクスターナルローテーション

内(45°)から外(45°)へ肘を直角に位置を固定して外旋します。

20〜30回



最後にローテーターカフ4つ目の「肩甲下筋(けんこうかきん)」のトレーニング。

C97493D9-FF9F-477E-8501-CF560BF93921.jpeg

肩甲骨の前側についている筋肉。

91B41EDB-627A-43F0-9B88-11CC34D760C5.jpeg

インターナルローテーション

外(45°)から内(45°)へ肘を直角に位置を固定して内旋します。

20〜30回



地味に見えるトレーニングですが

インピンジメントの痛みが軽減します。

また肩のアウターマッスルを鍛えると同時に

ローテーターカフトレーニングする事を是非オススメします‼︎


posted by H-studio at 20:14| トレーニング方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする